岡崎 慎司Shinji Okazaki

所属レスターシティFC(イングランド)
ポジションFW
生年月日1986.4.16
出身地兵庫県宝塚市
身長/体重174cm/76kg
血液型O型

2015-2016シーズン、レスターシティFCの一員としてプレミアリーグ初優勝を経験。2016年には、アジア国際最優秀選手賞を初受賞。

  • 1998-2001

    宝塚ジュニアFC・宝塚ジュニアユースFC

    1986年、兵庫県宝塚市に生まれる。
    1998年、小学2年生の時に兄の影響で宝塚ジュニアFCにてサッカーを始める。
    中学生になると地元のクラブチームの宝塚ジュニアユースFCでプレー。
    兵庫県選抜にも選出される。

  • 2002-2004

    滝川第二高等学校

    中学卒業後、サッカー強豪校でもある兵庫県の滝川第二高等学校に進学。
    1年生の時からレギュラーを獲得し、3年目にはキャプテンを務めた。
    2002年、全国高等学校総合体育大会出場(2回戦敗退)、全国高校サッカー選手権出場(ベスト4)。
    2003年、全国高等学校総合体育大会出場(ベスト16)、全国高校サッカー選手権出場(ベスト4)。
    2004年、全国高等学校総合体育大会出場(ベスト8)、全国高校サッカー選手権出場(2回戦敗退)。

  • 清水エスパルス(画像)
  • 2005

    清水エスパルス

    高校卒業後、清水エスパルスに入団。
    ヤマザキナビスコカップ2005準々決勝第1戦(浦和戦)で、途中出場ながら公式戦デビュー。
    リーグ戦では、最終節(広島戦)に途中出場でリーグ戦デビュー。
    2006年元日の天皇杯決勝では、初先発フル出場を果たした。
    2005 Jリーグ(第15位/0点/1試合出場)。

  • 2006

    出場時間を徐々に増やすものの、公式戦無得点。
    2006 Jリーグ(第4位/0点/7試合出場)。

  • 2007

    リーグ第6節(川崎戦)、リーグ戦初得点。
    主にMFとして起用され、リーグ戦で5得点を決めた。
    2007 Jリーグ(第4位/5点/21試合出場)。

  • 2008

    FWの軸として先発で起用されるようになり、年間10得点を記録。
    2008 Jリーグ(第5位/10点/27試合出場)。
    日本代表(A代表)に初選出。
    キリンチャレンジカップ(UAE戦)にスタメン出場しA代表初出場を記録。
    北京オリンピック出場(グループリーグ敗退:0勝/0分/3敗)。

  • 2009

    リーグ戦14得点を記録。
    2009 Jリーグ(第7位/14点/34試合出場)。
    Jリーグアウォーズで、清水エスパルスからは10年振りとなるJリーグベストイレブンに選出される。
    優秀新人賞受賞。
    アジアカップ予選(イエメン戦)代表初得点。
    FIFAワールドカップ南アフリカ大会アジア最終予選(ウズベキスタン戦)では、日本の4大会連続のワールドカップ出場を決める決勝点を挙げる。

  • 2010

    3シーズン連続の2桁得点を記録。
    2009 Jリーグ(第6位/13点/31試合出場)。
    日本代表、FIFAワールドカップ南アフリカ2010出場(ベスト16)。
    グループリーグ第3戦(デンマーク戦)、ワールドカップ本大会で初得点を決め、日本代表の決勝トーナメント進出に貢献。
    決勝トーナメント1回戦(パラグアイ戦)、0-0のまま延長戦でも決着せずPK戦の末3-5で敗れベスト16で敗退。

  • VfBシュツットガルト時代(画像)
  • 2010-2011

    VfBシュツットガルト

    ドイツ・ブンデスリーガのVfBシュツットガルトに移籍。
    第23節(バイエル・レバークーゼン戦)、ブンデスリーガデビュー。
    第33節(ハノーファー96戦)、ブンデスリーガ初ゴール。
    2010-2011 ブンデスリーガ(第12位/2得点/12試合出場)。

  • 2011-2012

    第22節(ハノーファー戦)で決めたバイシクルシュートがドイツのテレビ番組で月間最優秀ゴールに選出。
    2011-2012 ブンデスリーガ(第6位/7得点/26試合出場)。
    日本代表、AFCアジアカップ2011優勝。

  • 2012-2013

    リーグ戦わずか1得点。
    2012-2013 ブンデスリーガ(第12位/1得点/25試合出場)。

  • 1.FSVマインツ05時代(画像)
  • 2013-2014

    1.FSVマインツ05

    1.FSVマインツ05に移籍。
    第1節(シュトゥットガルト戦)、古巣相手にマインツ移籍後初得点。
    自身のキャリアハイとなるシーズン15得点を記録。
    2013-2014 ブンデスリーガ(第7位/15得点/33試合出場)。
    日本代表、FIFAコンフェデレーションズカップ2013出場(グループリーグ敗退)。

  • 2014-2015

    2シーズン連続の2桁得点を記録。
    最終的にリーグ8位タイとなる12得点を決めた。
    日本人のブンデスリーガ最多得点記録を更新。
    2014-2015 ブンデスリーガ(第11位/12得点/32試合出場)。
    日本代表、FIFAワールドカップブラジル大会2014出場(グループリーグ敗退)。

  • レスター・シティFC時代(画像)
  • 2015-2016

    レスター・シティFC

    イングランド・プレミアリーグのレスター・シティFCに移籍。
    開幕戦(サンダーランド戦)、プレミアデビュー。
    第2節(ウェストハム戦)、プレミア初ゴール。
    プレミアリーグ初優勝。クラブ創設132年で初のプレミアリーグ優勝という歴史的なメンバーの一員となる。豊富な運動量でチームに貢献し、影のヒーローとも評価される。
    2015-2016 プレミアリーグ(優勝/5得点/36試合出場)。
    AFCアジアカップ2015出場(ベスト8)。

  • 2016-2017

    UEFAチャンピオンズリーグ第3節(コペンハーゲン戦)、CL初出場。
    UEFAチャンピオンズリーグ第5節(クラブ・ブルージュ戦)、CL初得点。
    クラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出に貢献。
    アジア国際最優秀選手賞を初受賞。